渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也は食事の後にスイーツを欠かしません

渡邊修也は子どもの頃は好き嫌いが多くて、学校の給食の時間は嫌でしょうがありませんでした。特に魚が苦手だったので、魚料理が出されたときは箸をつけずに、すぐにデザートを食べてしまい先生から怒られることもありました。家では好き嫌いをなくすように親に叱られたこともありますが、渡邊修也は元々、親の言うことや先生の言うことを聞かない子供だったので、怒られたり叱られてもめげることはありませんでした。ただ家では好き嫌いを治さなければお菓子を食べさせてもらえなかったので、渋々、食べることはありました。そんな好き嫌いが多かった渡邊修也も、大人になると自然と苦手だったものが食べられるようになりました。体が欲するようになったのか、魚も自分から食べるようになったので好き嫌いはなくなりました。それでもいろんな食事の中でもスイーツが大好きで、今でも昼食と夕食の後にはスイーツを欠かしません。少し太ったのでダイエットをしなければならないと感じるときも、食事の量を減らすことはしても、スイーツを欠かさないようにしています。スイーツは人生における潤いだと考えているからです。カロリー計算と栄養バランスを考えることで偏らないようにしています。さいきんはまっているスイーツは野菜を使ったものです。人参やカボチャをペースト状にして生地に練り込んだ焼き菓子は、野菜の甘さを最大限に生かしてカロリーが控えめになっているので、安心して食べることができます。

渡邊修也

スイーツ好きな渡邊修也氏が好きなパンケーキの食べ方

ここ数年、日本では空前のパンケーキブームが続いています。フワフワのとろけるようなパンケーキから、しっかり焼き上げたクラシックパンケーキ、オーブンで焼き上げるドイツ風のパンケーキのダッチベイビーなど、いろいろな種類のパンケーキのお店がオープンしています。みなさんは「パンケーキ」というと、甘いクリームやフルーツがたっぷりのスイーツタイプを思い浮かべると思いますが、パティシエの渡邊修也氏のオススメの好きなパンケーキの食べ方は、ずばり、カリカリのベーコンやソーセージと合わせてメイプルシロップをかけて食べるのが一番好きな食べ方だそうです。ベーコンやソーセージの塩気と、メープルシロップの上品な甘みが絶妙にマッチしていて癖になってしまう美味しさです。その際に、上質なメイプルシロップを使うことで、より豊かな香りを楽しみ、甘さもひかえめな自然の味わいをいただくのが渡邊修也氏のこだわりだそうです。おかげで、朝からでもたっぷり食べることができて、朝から美味しいものを食べると、とても幸せになれなすし、その日一日とても元気に過ごすことができると言ってます。この渡邊修也氏の食べ方は海外にいた時に朝食としてあるお店で出されたのがきっかけで、日本でもこの食べ方が定番化して欲しいと思ってるくらい、お気に入りの食べ方だと言っています。そのパンケーキのお店が日本にも上陸したので、是非とも行くのが楽しみだそうです。パンケーキと一言で言っても、合わせるものによって無限の可能性のあるスイーツだと渡邊修也氏は言っています。ぜひ、この渡邊修也氏の食べ方で新たなパンケーキの味わいに出会ってみてくださいね。

 

渡邊修也

陶器やガラス

渡邊修也がプロデュースしているスイーツはアレルギーのお子様でもおいしく食べられるように素材を厳選しています。
作り方も混ぜて焼く、冷やして固めるといったシンプルなレシピが多く、甘さ控えめでスイーツなどの甘いものが苦手な人でもおいしく食べられるデザートとなっています。
渡邊修也は自身が甘いものがとても好きなせいで、ケーキバイキングや有名パティシェのお店などに足しげく通うようになり、好きな甘さや触感といったものに詳しくなり、その延長線上でクッキングスタジオを経営したり、パティシェとして活躍するようになりました。
チーズケーキやプリン、ゼリーといったオーソドックスなスイーツでも、陶器やガラス製の器で販売するなど食としての芸術的なセンスにもこだわる職人派です。
女性からプレゼントしてもらいたい男性の気持ちから考えたチョコレートトリュフは特にホワイトチョコが大人気となって、職場や自宅、学校で本命というほどではないけれど、義理チョコではないといった微妙な関係、これからもしかして恋人に発展するかもしれないといった関係に利用される名物チョコとなりました。
初心者向けのレシピを動画で公開したり、コラボイベントを行っておいしいスイーツを開発したりととても忙しくしています。
盛り付け方や彩り、ドリンクのカップに至るまで細かい気配りをしてくれますので、カフェでゆっくりと時間をかけておいしくスイーツを食べるのがおすすめの食べ方です。

 

渡邊修也

広告を非表示にする

自分流のスイーツ

パティシエの渡邊修也氏は、高校を卒業して調理師免許を取得するため、親元を離れて一人暮らしを始める様になってから、必然的に自炊をすることになりました。健康を保つために栄養価が高くて、値段が安い食材で毎日色々と工夫して料理をしていたそうです。毎日、自炊料理を作るうちに、渡邊修也氏は料理が楽しくなり、デザートにスイーツを作るまでになったそうです。その時も、栄養価が高くて値段が安い食材を探し、たどりついたのが「豆腐」でした。豆腐を使って「豆腐ドーナツ」を作ったり、ホットケーキミックスを使って「豆腐ケーキ」を作ったり、アクセントに紅茶を入れて、「紅茶のケーキ」にしたりと、色々な種類のスイーツを作ることを始めました。香辛料を少し加えることによって、市販と同じような味を再現できますし、体重が気になるときは砂糖を少なめにして甘さを控えめにするなど、色々なアレンジが可能なので、その時にもっと自宅でできるスイーツのレパートリーを増やしたいと思ったそうです。自宅で作ると、味はもちろん材料や作り方まで自分の好みや、体調によって全て決められるのは、とてもうれしいですし、何より自分の手で作り、自分流のスイーツが出来た時の喜びが格別らしいです。この話を聞くと、なんだか自分で手作りしたくなりますよね。お店で作られたものを買うのもいいですが、たまには手作りして、一からスイーツと向き合うのも贅沢な味わい方かもしれませんね。

 

渡邊修也

広告を非表示にする

甘いものが大好きな渡邊修也のおすすめスイーツ

渡邊修也は、甘いものには目がないいわゆるスイーツ男子です。デパ地下の高級なスイーツはもとより、コンビニのスイーツも新商品が発売されたら、すぐに飛び付きます。また和菓子から洋菓子まで、すべての甘いものが好きで、片っ端から食べていくため、周りの社員からはスイーツ博士と呼ばれています。そんな渡邊修也がおすすめしたいこの時期のスイーツとは、カボチャのプリンです。カボチャ特有の濃厚な甘味がプリンに加わることで、食べごたえのある濃厚な味わいを楽しむことができます。
カボチャは緑黄色野菜のひとつで、βカロチンビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄分などをバランス良く含んだ、栄養が豊富な野菜です。特にβカロチンが豊富に含まれているため、風邪の予防にはとても良い食材なのです。それというのもβカロチンは、粘膜の細胞を強化して、免疫力を高める働きがあるのです。免疫力が上がれば、外部から侵入してくる有害なウイルスや細菌を撃退するだけではなく、抗ガン作用も高まります。さらに抗酸化作用があり、身体の酸化を防いでくれる働きもあります。そして身体を温める作用もあることから、冷え症の改善にも期待が持てるのです。まさに冬にはうってつけの食材だと言えます。
そんなカボチャには、たくさんの種類が存在します。甘味や食感などにさまざまな違いがあり、カボチャごとに個性を楽しむことができるのです。渡邊修也はそんなさまざまなカボチャを使用して、自分でもカボチャプリンを作って楽しんでいます。

 

渡邊修也

渡邊修也が大好きなスイーツはいちじくのタルト

渡邊修也が住んでいる地域は、山を切り崩して造成された新興住宅地です。多くの一戸建てやマンションが立ち並ぶようになってからは、宅地開発だけでなく、商業施設の進出も増えたので、人口が増えて活気がある町になりました。しかし比較的、都心から離れた地域だったため、1つくらいの山を切り崩しただけでは、まだまだ自然が沢山残っています。自然の身近な生活をしたいという人が増えたため、まだ開発されていない地域が別荘地として親しまれるようになりました。広い湖があり、夏でも涼しいため避暑地として人気がある別荘地は、渡邊修也の家から車で30分ほどのところにあるため、ドライブをして遊びに行くことがあります。別荘地の周辺には、別荘地の住人やドライブで訪れる人のために、都内の有名レストランでパティシエをしていた人が道楽として開いたカフェが営業しています。そこでは本格的なコーヒーにおいしいスイーツを提供してくれていて、渡邊修也はその中でもいちじくのタルトが大好きです。いちじくのタルトは人気があるスイーツなので、行けば必ず食べられるというわけではありません。それにパティシエが食材にもこだわっているので、露地栽培のいちじくしか使わないので、食べられる期間が限られています。そのため、いちじくのタルトが発売される時期になると、1週間に1度は必ずカフェを訪れてスイーツを堪能することにしています。もっと頻繁に食べたいと感じることもありますが、珍しくて貴重だからこそ、ゆっくり時間をかけて楽しめるのかもしれません。

渡邊修也

渡邊修也はパーティーでスイーツを振舞いました

渡邊修也はレストランでパティシエとして働いています。お菓子が小さいころから大好きで、ご飯を食べるよりも甘いお菓子を食べたいと考えていたので、自然な流れでパティシエになりました。休日もおいしいスイーツを考え出すために、本を読んだりドライブをして、アイデアを出すようしています。しかしスイーツのレシピ作りだけに気持ちが向いていると、視野が狭くなってしまうので、他の趣味を持ったほうが良いと考えるようになりました。そして、以前から気になっていた登山を始めることにしました。最初は比較的、なだらかな山から登るようにして、体力や筋力がついてきたら、少しずつ傾斜角度が高い山にチャレンジするようになりました。高い山の場合、一人で登山をしている人も多く、頂上では何となく集まって会話をするようになりました。当然ながら、会話の内容は山に関することばかりで、山の素晴らしさや魅力的な山はどれかという話をするようになりました。趣味が共通していると仲良くなるのは時間もかかりません。登山を終えても、付き合いを続けたいということが自然と決まり、渡邊修也も含めてオフ会を開催するようになりました。今では月に1度のオフ会を開催し、それぞれの家に招いてパーティーを行ったり、レストランを貸切ってパーティーを行ったりします。先日は長野県に住む男性登山家の家でホームパーティーが開催されたので、渡邊修也は腕を振るったスイーツを沢山用意して、みんなに振舞いました。

 

渡邊修也