読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也が最初に食べたスイーツはプリンです

渡邊修也は生まれてから、歯が生えてくるという時期になっても、なかなか歯が生えてきませんでした。心配になった母親が歯科医院に連れていってくれて、レントゲンをとったところ、もともと乳歯の数が少ないことがわかりました。歯が少ないことが原因なのかは不明でしたが、歯が生えてくる時期の他の子どもと比べて遅くなりました。渡邊修也の母親は人と違うことに衝撃を感じたようで、それからしばらくして歯が生えたときは大喜びしてくれました。しかし歯がないと固いものは食べることができないので、できるだけ柔らかい食事を作ってくれました。初めて作ってくれた手作りのおやつも柔らかいプリンでした。渡邊修也がプリンを食べさせたときに、いつもより喜んで沢山食べたようで、母親はそれからは頻繁にプリンを作ってくれるようになりました。乳歯が生え変わって成人の歯になると、すべてが生え揃って固いものでも食べることができるようになりました。その頃には、プリンを食べ過ぎて飽きてしまい、母親にはもうプリンは絶対に買ってこないでほしいし、作らないでほしいというくらいになりました。しかし大人になってから、コンビニスイーツの棚を見ていたら、ふとプリンに目が留まりました。スイーツは普段食べなかったのですが、そのプリンがとてもおいしそうに思えて衝動的に購入してしまいました。久しぶりに食べたプリンの味は懐かしくて、こんなにおいしいものだったのかと再認識するようになりました。

渡邊修也