渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也は海外で食べたスイーツが忘れられなかった

渡邊修也が学生の頃は、それほど真面目に勉強はせずに、遊ぶことばかりを考えていました。アルバイトをして稼いだお金は、すべて海外旅行のために貯金したかったので、学業よりもアルバイトを優先させていました。何とか単位を落とすことはなく卒業することができましたが、学生の頃は遊ぶことに一生懸命で充実した時間だったと今から振り返っても感じることができます。海外旅行として、最初にアメリカにわたったら、日本とは違う空気に圧倒されて海外の魅力に取りつかれてしまいました。貧乏学生だったので豪華な旅行ではなく、格安航空券を購入して行き当たりばったりの旅行でした。無謀な学生だったからできる旅行だったと今から考えればわかります。渡邊修也は、海外では現地の生活に溶け込みたいと考えていたので、食事は宿泊しているホテルでは食べることなく、現地の人がいく食堂へ行くようにしていました。ある時、台湾に行ったときにマンゴーを使ったスイーツを食べたことがありました。日本でもマンゴーは販売されていますが、いわゆる高級フルーツの類のため、あまり食べたことはありませんでした。しかし台湾ではマンゴーは馴染みのあるフルーツだったようで、惜しむことなく使ったマンゴーのスイーツが格安の値段で食べることができました。マンゴーを凍らせてシャーベット状にしたスイーツは、砂糖を一切使っていないのにとても甘くておいしくて、感動したことを今でも忘れることができません。

渡邊修也