渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也さんのクッキングスタジオで腕を上げる!

渡邊修也は食事の後にスイーツを欠かしません

渡邊修也は子どもの頃は好き嫌いが多くて、学校の給食の時間は嫌でしょうがありませんでした。特に魚が苦手だったので、魚料理が出されたときは箸をつけずに、すぐにデザートを食べてしまい先生から怒られることもありました。家では好き嫌いをなくすように親に叱られたこともありますが、渡邊修也は元々、親の言うことや先生の言うことを聞かない子供だったので、怒られたり叱られてもめげることはありませんでした。ただ家では好き嫌いを治さなければお菓子を食べさせてもらえなかったので、渋々、食べることはありました。そんな好き嫌いが多かった渡邊修也も、大人になると自然と苦手だったものが食べられるようになりました。体が欲するようになったのか、魚も自分から食べるようになったので好き嫌いはなくなりました。それでもいろんな食事の中でもスイーツが大好きで、今でも昼食と夕食の後にはスイーツを欠かしません。少し太ったのでダイエットをしなければならないと感じるときも、食事の量を減らすことはしても、スイーツを欠かさないようにしています。スイーツは人生における潤いだと考えているからです。カロリー計算と栄養バランスを考えることで偏らないようにしています。さいきんはまっているスイーツは野菜を使ったものです。人参やカボチャをペースト状にして生地に練り込んだ焼き菓子は、野菜の甘さを最大限に生かしてカロリーが控えめになっているので、安心して食べることができます。

渡邊修也